- - - - - - message Thanks for the ping - flerror - 0

30歳、旅に出る

英語力ゼロの三十路が行く世界旅行 〜国内も海外も〜

九龍ナイトマーケットの昼間はどうなっているのかというと

香港最終回、今回は「九龍(カオルン)」エリアの話をするよ!

 

 

ここでおさらい。

夜景の記事で書いたプロムナードがあるのが、「九龍」エリアです。

香港1の観光スポット!

 

香港のプロムナード

 

プロムナード周辺は、高級ホテルが並び、世界的に有名なブランドのブティックが入るデパートが軒を連ねています。
日本ではお馴染みの「そごう」もあって、中ではお土産も販売されているよ。

 

 

 

その他は何があるの?

 

 

ざっくりというと、屋台街がたくさんある!

 

 

 


ここからはMTR(鉄道)で移動をして、旺角駅で下車。

少し歩くと、香港の2大ナイトマーケットのひとつ「女人街(ノイヤンガイ)」があります。

もうひとつのマーケット「男人街(ナンヤンガイ)」は油麻地駅で下車して行きます。

「街」と言われているけど、実際は一本の道で、歩くのがやっとなくらい人と屋台が密集した所です。

 

 

名前の通り、夜の市場なので、昼間は地元の人が利用する屋台しかないけど、

これはこれでローカル旅気分を味わえて、見ていて楽しい。

昼の男人街

高い建物にびっしりと窓枠がある集合住宅も、夜になると暗くて見れないから昼間にしっかり見ておく。

 

▼夜のメイン通り。昼間はほとんど閉まっている

昼の女人街

 


夕方5時くらいから、屋台の組み立てが始まって

辺りが薄暗くなってきた頃からマーケットが開店するから

開店までの時間にご飯を食べておくとスムーズです。

 


おすすめモデルコースは日が沈む直前に来て、明るいバージョンを観光して一旦休憩、

その後、日が沈んでから買い物を楽しむのが無駄がなくてよい。

ちなみにナイトマーケットは23時くらいまでやってるから、女人街と男人街に行っても時間はたっぷりあるはず!

 

夜の男人街


女人街は、衣類やアクセサリー、ポーチやバッグなど、女性向けの物が多く、

男人街は、衣類や電子機器、スマホのケーブルや時計、スーツケースなど、男性向けの物が多い。


「多い」だけで、女性物しかない・男性物しかないという訳ではないから

どっちも観光してみるのがいいと思います。

 


日本では高価な物も、破格で買えたりするから、ぜひ掘り出し物をみつけてね!

それから値段交渉も忘れずに!

大幅な値下げはないみたいだけど、

私は買う前に全部交渉した結果、1ドルの物以外は割り引いてもらえたよ!

(1ドルの物…エコバッグやポーチなどのばらまき土産にできる系はさすがに安くならなかった。数をたくさん買えばオマケしてもらえるかもね!)

 

 

 

九龍エリアの目立った名所はこんな感じですかね。

 

 

 

あ、オマケ。

よくガイドブックに載っているお店で麺を食べたよ!


劉森記麺家 ラウサムゲイミンガー

劉森記麺家ラウサムゲイミンガー

 


有名店らしく、少し待って入りました。

地球の歩き方に「蝦子撈麺がおすすめ」と書いてあったのを見て、そのまま注文。

 

海老ワンタン

麺の上に乗っているのはエビの卵!まぜて食べるのです。

おいしかったけど、感動するほどのおいしさではなかったかな。

一緒についてきたスープはめちゃくちゃ美味しかったけど。

中国圏のスープってなんでこんなにおいしいんだろうね。

 


ちなみにナイトマーケットを見ながら、しっかりエッグタルトも食べました。

美味!エッグタルトは専門店以外でも、パン屋さんに行けば大体売ってるよ。

香港のエッグタルト

 

 

 

以上、香港編でした。


この記事書いてたら香港に行きたくなってきたーー!!

 

 

 

ランキングに参加しています!
励みになりますので、
よければ↓ポチっとお願いします(^^)


旅の知識・楽しみ方ランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

hatch219.hateblo.jp